スムージーが
きっと見つかる

ダイエット効果 むくみ解消 LDLコレステロール改善

ブルーベリーとヨーグルトのパープルスムージーレシピ

青汁スムージー!美味しく飲めて人気No.1の青汁スムージーのレシピ

〜美味しく健康に〜ブルーベリーとヨーグルトのスムージー

コレステロール低下 整腸作用 材料 4個 1分以内
ブルーベリーとヨーグルトのパープルスムージーレシピ

材料 2〜3カップ分

  • ブルーベリー:   70g
  • ヨーグルト:   大さじ3
  • 牛乳〈もしくは豆乳〉:   50ml
  • はちみつ:   お好みで

スムージーの味

野菜度: フルーツ度: ★★★★★

このスムージーのレシピ

  • スムージー作り方ステップ1 材料をすべてミキサーに入れる。
  • スムージー作り方ステップ2 滑らかになるまでミキサーを回す。
  • スムージー作り方ステップ3 お好みではちみつを加え混ぜたら出来上がり。

このスムージーの栄養分 2〜3カップ分

カロリー 101cal
ビタミンC 7mg
ビタミンB群 0.35mg
ミネラル 222mg
カリウム 263mg
0.74mg
食物繊維 2.4mg
葉酸 30μg
〈ブルーベリー〉 ブルーベリーといえば、アントシアニン(ポリフェノール)が豊富というイメージが強いですが、実は食物繊維も豊富です。 もともと果実は食物繊維を多く含む食材ですが、中でも多いといわれているバナナやキウイフルーツ、イチゴと比べても、その含有量はNo.1です。 1粒1粒が小さいので、たくさん食べれる点も魅力的なフルーツです。 〈豆乳〉 豆乳のタンパク質は、血液中のコレステロールを低下させ、さらに、その成分の一つ(ペプチド)が血圧上昇を抑制するといわれています。 次に、豆乳の脂質に多く含まれるリノール酸は、動物性脂肪と違い、不飽和脂肪酸としてもともとコレステロールをあまり含まないのに加え、血管に付着するコレステロールを除去する善玉コレステロールを増やす作用があるといわれております。
【人気No.1】美味しく飲める青汁スムージーのレシピをまとめてチェック!

おすすめ記事

PAGE TOP ↑