スムージーが
きっと見つかる

LDLコレステロール改善 むくみ解消 ダイエット効果

ピンクグレープフルーツとマンゴーのスムージーレシピ

青汁スムージー!美味しく飲めて人気No.1の青汁スムージーのレシピ

〜美肌に欠かせないビタミン豊富〜オレンジのフルーツスムージー

美容効果 デトックス 材料 2個 3分以内
ピンクグレープフルーツとマンゴーのスムージーレシピ

材料 2〜3カップ分

  • ピンクグレープフルーツ:   1/4個
  • マンゴー:   50g
  • 水:   80ml

スムージーの味

野菜度: フルーツ度: ★★★★★

このスムージーのレシピ

  • スムージー作り方ステップ1 皮を向き適当な大きさにカットした果物をミキサーに入れる。
  • スムージー作り方ステップ2 水を加え滑らかになるまでミキサーを回せば完成。

このスムージーの栄養分 2〜3カップ分

カロリー 57cal
ビタミンC 35mg
ビタミンB群 0.21mg
ミネラル 46mg
カリウム 178mg
0.09mg
食物繊維 1mg
葉酸 50μg
〈マンゴー〉 ビタミンA、βカロテン、ビタミンC、葉酸が豊富に含まれています。まだ青いうちはビタミンCの含有量が多く、よく熟すほどベータカロチンの量が増えます。ビタミンAは皮膚の潤いを保ち、目・口・喉などの粘膜を丈夫にする働きがあります。豊富に含まれるβカロテンは、ビタミンCとの組み合わせで美肌効果や老化防止にも期待が持てます。葉酸は赤血球を作るのを助けDNAの構成に関与する働きがあると確認されています。赤ちゃんの発育不全を予防する為にも、妊婦さんは積極的に摂取された方がよいとされています。 〈グレープフルーツ〉 レモンやオンンジなどの他の柑橘類との大きな違いは、ビタミンCの含有量の豊富なことです。グレープフルーツー個には約160ngのビタミンCが含まれているので毎朝、半分ほど食べれば、1日の摂取必要量を十分摂ることができてしまうほどです。ビタミンCが弱った肝臓の働きを助け、解毒作用を促進してくれます。疲労回復や二日酔いの朝にも最適な果物です。
【人気No.1】美味しく飲める青汁スムージーのレシピをまとめてチェック!

おすすめ記事

PAGE TOP ↑