スムージーが
きっと見つかる

ダイエット効果 むくみ解消 LDLコレステロール改善

公開日:

【むくみ改善に大活躍】カリウム豊富なスムージーレシピ

【むくみ改善に大活躍】カリウム豊富なスムージーレシピ

むくみ改善スムージーレシピ

「朝、目が覚めると顔や足がパンパンに張っている。」「お酒は好きだけど、翌日の顔の膨らみが酷すぎる!」

など、女性を悩ませるむくみ。そんなむくみ解消のためにスムージーを有効活用してみてはどうでしょうか。

むくみ解消に効果がある栄養素といえば「カリウム」。今回は、むくもの原因やカリウムの働き、カリウム豊富な野菜や果物で作るスムージーをご紹介します!

むくみの原因は?


むくみの原因のひとつは、体内の塩分濃度にあります。塩分には、血管の中で水分を取り込む性質があるんですね。

塩分の多い食べ物を食べれば、当然、血液中の塩分濃度が高くなります。

塩分はしだいに血管の外側にある細胞内に入り込み、細胞の中で水分を取り込みはじめます。

その結果、むくみが起こるというわけですね。

・お酒と一緒に塩分のあるつまみを食べる人
・味付けの濃い料理が好きな人
・外食やコンビニ飯が多い人


このような人は、健康的な生活をしている人に比べて、血液の中の塩分濃度が高くなり、むくみの症状を引き起こしやすくなるというわけです。

そこで役に立つのが「カリウム」。カリウムには、どんな働きがあるのでしょうか。

カリウムの働き


カリウムには、体内の血液に含まれる塩分を尿と一緒に排泄させてくれる作用があります。

そのため、塩分が原因でむくんでいるような人はカリウムの多い食品を普段の食事に取り入れるだけでも、むくみ改善が期待できるんですね。

◎カリウムを多く含む食品を見てみよう!

・アボガド   1個 1000mg
・ほうれん草    100g 690mg
・干し柿     1個 580mg
・小松菜      100g 500mg
・くり 100g 460mg
・キウイフルーツ 1個 320mg
・バナナ    1本 390mg
・メロン    100g 340mg
・ブロッコリー50g 250mg
・スイカ      一口大6つ 216mg
・豆腐       100g    150mg

スムージーに入れやすい材料としては、ほうれん草、小松菜、バナナ、アボカド、スイカ、キウイフルーツ、メロンなどですね。

中でもアボカドのカリウム含有量はダントツ!
スムージーに限らず、むくみを治したい方はぜひ日々の食事に入れましょう。

むくみ改善スムージーレシピ


◎アボカドとバナナのヨーグルトスムージー

【材料 2杯分】
・アボカド: 1/4個
・アロエヨーグルト: 80g
・バナナ: 1本
・豆腐: 50g~
・牛乳 お好みで

【作り方】
1.バナナとアボカドを適当な大きさにカットする
2.ミキサーに牛乳以外の材料を入れ混ぜる
3.混ざりにくければ少量の牛乳をお好みで加える
*食べるヨーグルトのような食感が好きか、飲むヨーグルトのような食感が好きかにもよります

【栄養素 *牛乳を入れず全て飲んだ場合】
カロリー237cal
ビタミンC23mg
ビタミンB群1.1mg
ミネラル342mg
カリウム865mg
鉄   0.86mg
食物繊維3.73mg
葉酸   77.5μg

ミニマムの材料でも862mgものカリウムが含まれています。
アボカドの量やお豆腐の量をプラスすることで、さらにカリウム量を増やすことができますね!

◎ほうれん草とココナッツミルクのスムージー
【材料 2杯分】
・ほうれん草: 50g
・マンゴー: 1/2個
・バナナ: 1/2個~
・オレンジ: 1/2個
・ココナッツミルク: 100ml
・ヨーグルト: 50g

【作り方】
1.バナナ、マンゴー、オレンジを適当な大きさにカットする
2.材料全てをミキサーに入れ、滑らかになるまで混ぜる

【栄養素 *全て飲んだ場合】
カロリー383cal
ビタミンC92mg
ビタミンB群1.2mg
ミネラル424mg
カリウム1255mg
鉄    2.53mg
食物繊維   5.22mg
葉酸    315μg

ミニマムの材料でも1255mgものカリウムが含まれています。
野菜や果物を上手に組み合わせることで、カリウムに限らず、普段不足しがちな栄養素をスムージー1杯で補うことができますね!

おすすめとしては、一度にたくさん摂取するよりは、1日の中でこまめにカリウムを摂取できるように意識するといいでしょう。

>>>粉末の青汁を利用して美味しく飲めるグリーンスムージーもおすすめ<<<

おすすめ記事

PAGE TOP ↑