スムージーが
きっと見つかる

LDLコレステロール改善 ダイエット効果 むくみ解消

公開日:

【ダイエット促進】生姜入りホットスムージーで代謝をUPさせよう!

【ダイエット促進】生姜入りホットスムージーで代謝をUPさせよう!

ダイエット,ホットスムージー

これからの季節、冷たいスムージーを飲むのはつらくないでしょうか?

そこで、オススメのスムージーがお湯で作るホットスムージーです。温かいので、胃への負担も少なく、体が温まることで、代謝の促進や冷えの撃退を促してくれます。

さらに効果を大幅アップさせるためには、生姜を加えてみるといいでしょう!生姜に含まれる辛み成分は、ダイエットの強い味方になります。

生姜によるダイエット効果をより高めるためには、その摂り方も大切になってきます。今回は生姜のダイエット効果と、効果をより高めるホットスムージーの作り方をご紹介します。

生姜に含まれるダイエット効果とは?


①代謝を促進させる



生姜には、ジンゲロールとショウガオールと呼ばれる辛み成分がたくさん含まれています。シンゲロールは、免疫力UPや殺菌効果が強い成分ですが、加熱や乾燥によってショウガオールに変化します。

ショウガオールは血液をサラサラにして循環を高め、体を温めることで新陳代謝の働きを促進させてくれる成分です。

代謝が上がると脂肪が燃焼されやすく、汗もかきやすくなります。

②むくみと便秘の解消



血行が促進され体内の機能が高まると、余分な水分が体の外に排出されやすくなります。むくみや便秘はダイエットの大敵!余分な水分は体外にどんどん出していきましょう。

③体の隅まで温める



生姜を食べた後に、体中がぽかぽかしてきた経験はありませんか?これは生姜の辛みと香りによるものです!

身体を芯から温めてくれるため、暖房器具で外から温めるよりも長時間、かつ体の隅々まで温まりやすくなります。ダイエットにはマイナスとされる冷え性にも効果的です。

④自律神経のバランスを整える



生姜には自律神経を整える作用もあり、昔は精神的に不安定になるうつの症状にも効くとして、たびたび用いられていました。

ダイエットでは我慢したりストレスを感じる場合も多いので、この作用は味方になりますね。

ダイエット効果を高める生姜の摂り方


①少量を毎日継続的に



何事も継続が大切。一度にたくさん摂取しても、あまり意味がありません。毎日少しずつでも生姜を摂り続けていく事で、代謝が上がり痩せやすい体質になっていきます。

少量というのは、生の生姜であれば、すりおろしで小さじ2杯、スライスで約7枚程度が目安になります。乾燥生姜の場合は、かなり凝縮されていますので1~2g程度でいいでしょう。

②乾燥生姜を使うか、加熱調理をする



前述した通り、生姜の辛み成分ジンゲロールをショウガオールに変化させたほうがダイエット効果が高まります。そのためには、生姜を乾燥させるか、加熱する必要があります。

出来れば保存料や調味料などが含まれているチューブの生姜は避け、生の生姜を使いたいところですが、毎日続けるためには時間の余裕と相談しながら使い分けるといいですね。

③ポリフェノールを含む食材と一緒に摂取する



ポリフェノールは、植物に含まれる色素や苦味成分の総称で、抗酸化力が強く、血管を柔らかくし、血流を良くしてくれます。

ポリフェノールを含む食材と一緒に生姜を摂取すれば、より早く、生姜で温まった血液を体の隅々まで行き渡らせることが出来ます!

これらの条件を網羅したレシピが、今日ご紹介する生姜のホットスムージーです!
【材料 (1~2人分)】
・バナナ1本
・柑橘類1/3個
・りんご1/2個
・生姜(すりおろし)小さじ2
・小松菜2株(無くても)
・はちみつ 小さじ1
・熱湯150-200ml

※りんごの皮にポリフェノールが含まれるので、皮ごと使用してください。

【作り方】
1.りんごは芯とタネを取り除き、皮ごと一口サイズに切る。
2.柑橘類は皮をむき、一口大に切る。
3.小松菜は適当な大きさにざく切り。
4.水分が多い果物を下に、野菜を上に入れ、熱湯の半量を加えてミキサーにかける。
5.ある程度滑らかになったところで、残りの熱湯を加えて混ぜれば完成!

※ミキサーによっては、柑橘類の薄皮が少し食感として残るので、苦手な方は薄皮も除いてください。

【材料 (1~2人分)】
・りんご1/2個
・にんじん1/3本(45g)
・牛 乳50ml
・水50ml
・はちみつ小さじ1
・生姜(すりおろし)小さじ1

【作り方】
1.りんごは芯とタネを取り除き、皮ごと一口サイズに切る。
2.にんじんは良く洗い、皮ごと1cm幅に切る。
3.全ての材料をミキサーに入れて滑らかになるまで混ぜる。

おすすめ記事

PAGE TOP ↑