スムージーが
きっと見つかる

LDLコレステロール改善 むくみ解消 ダイエット効果

公開日:

豆乳効果で若返りも狙える?永作博美もハマっていた甘酒×豆乳のレシピ

豆乳効果で若返りも狙える?永作博美もハマっていた甘酒×豆乳のレシピ

豆乳と甘酒の効果

永々のベビーフェイスと言われる永作博美さん。
2児の母でありながら、今なお“かわいい”という印象を持たれ続ける女優さんです。

いったいおいくつなんでしょう…
調べてビックリ、43歳です。見えませんよね?

その年齢不詳の秘訣はなんなのか、永作さんが毎朝飲んでいるというホットドリンクに注目してみました。
それは以前「はなまるマーケット」に出演されている時に、永作さんがハマっていると語っていた飲み物「甘酒&豆乳のドリンク」です。

普段から、腸内環境に意識が高いという永作さんが取り入れているというドリンクですから、効果が期待出来そうですよね!

※ここで言う甘酒は、酒かすから作られた甘酒ではなく、米麹から作るノンアルコール飲料の甘酒です。2つの甘酒の違いは大きいですよ!詳しくは、太る甘酒と痩せる甘酒の違いを読んでみてください^^

ではさっそく、「甘酒」と「豆乳」の効果・効能を調べてみましょう!

「甘酒×豆乳」は美肌効果抜群

米麩には、美肌成分といわれてるコウジ酸がたっぷりと含まれています。化粧品にも活用されている成分で、シミやクスミの原因となるメラニン生成を抑制してくれます。

また、皮膚や粘膜を保護するビタミンB2も豊富で、飲むだけで皮膚の活性化が期待できますよ。

豆乳は、大豆イソフラボンが豊富なことで女性に人気ですよね。
大豆イソフラボンは女性ホルモンに近い働きをするため、肌の張りと艶を蘇らせる効果が期待できると言われているんですよ。

つまり「甘酒×豆乳」の組み合わせは、女性のアンチエイジングにピッタリの組み合わせと言えそうですね。

わたしのオススメは、生姜と甘酒の豆乳スムージーです。クセも無く、体を芯から温めてくれるホットドリンクですよ^^

オリゴ糖効果で、便秘も解消

甘酒にも豆乳にも、オリゴ糖が含まれています。
オリゴ糖はビフィズス菌の栄養素になるので、腸内のビフィズス菌を増やし、悪玉菌をやっつける効果が期待できます。

甘酒には、植物繊維もありますし腸内環境健全化にも効果がありそうですね。

美容は胃腸からと言われるように、便秘は美しくありたい女性にとっての大敵なので、日常生活から甘酒や豆乳を取り入れられるといいですよね。

女性に嬉しい美容食材の黒ごまを組み合わせた黒ゴマと甘酒のスムージーは、市販の練り黒ごまを利用して簡単に美味しくできるので、オススメですよ^^

ダイエットサポート効果に期待

甘酒には、脂質の代謝を促進するビタミンB群が豊富に含まれています。
酒メーカーの月桂冠のマウス実験によると、甘酒を与えたマウスの方が体重増加と血清中性脂肪の濃度が低かったとの報告もあります。

豆乳に含まれるレシチンは、コレステロールが固まってしまうのを事前に防いだり、血管に付着したコレステロールを溶かし、血液の流れを良くする効果があると言われています。

この脂肪代謝機能により、肝臓内の脂肪分を減らすのにも効果的なので、お酒好きの人が悩む脂肪肝の予防にも豆乳ドリンクはおすすめです。

その中でも、グレープフルーツの豆乳スムージーは、ビタミンCの効果で、二日酔いや肝機能の回復にもさらなる効果が期待出来るので、ぜひ飲み過ぎさんには試して欲しいですね!

まとめ

甘酒や豆乳には、健康や美容に嬉しい効果効能がいっぱいあるんですね。
その他にも、疲労回復やボケ防止になるといった説もありますので、積極的に生活に取り入れて間違いはなさそうです。

わたし自身、この記事を書きながら、女性としてさらに輝きたいので、いくつになっても年齢不詳でモテる女でいられるように頑張ろうと思いました。

おすすめ記事

PAGE TOP ↑